吹き抜けを作る前に良く考えて ~吹き抜けのメリットとデメリット~

吹き抜けを作る前に良く考えて ~吹き抜けのメリットとデメリット~

こんにちは、TAMAです。

 

私は、以前より家を建てるなら、吹き抜けのある2階建ての家に住みたいと思っていました。

 

しかし、吹き抜けのある家は寒いとか、色々マイナスの意見も良く聞きます。

 

という訳で、吹き抜けにすることのメリットやデメリットについてよく調べてみることにしました。

 

吹き抜けにすることのメリット

 

開放感がある

 

私が、なぜ吹き抜けを作りたいかと言えば、コレが一番の理由になります。

 

1階から見える天井はとても高く、すごく広い家に感じることができます。

 

個人的な感想ですが、吹き抜けのある家って何か豪華な感じがするんですよね!

 

1階と2階の繋がりが持てる

 

2階にいても、家族の存在を感じ取ることが出来ます。

 

1階と2階との繋がりが持てるのも吹き抜けの魅力と言えます。

 

吹き抜けのデメリット

 

冷暖房が効きにくい(お金がかかる)

 

吹き抜けにすることで、空間そのものが大きくなりますから、冷暖房は良いものを付けないといけません。

 

特に冬場は、暖かい空気が上にたまってしまいますので、空気を循環させるような仕組みも必要になります。

 

冷暖房を十分に効かせようとすると、光熱費がかかります。

 

吹き抜けはそれなりにお金がかかるのです。

 

設計に制限が出来る

 

吹き抜けと、吹き抜けでない場所とのバランスを良く考えないと、耐震性が下がってしまいます。

 

私は「耐震等級3」のモデルハウスを見学した際に、そのハウスメーカーの営業の人に吹き抜けを作りたいと相談したことがありました。

 

その時の営業の人に「吹き抜けを作ると耐震等級は2か1に下がります」と言われたことがあります。

 

ちゃんと設計を考えないと耐震強度も下がるため、柱の位置などを考える必要があります。

 

そのため、吹き抜けがあることで、他の間取りに影響が出る場合があるのです。

 

1階の音が2階にも聞こえる

 

反対に2階の音が1階に聞こえるということもあります。

 

これは、メリットの面で、「1階と2階との繋がりが持てる」と書きましたが、これがデメリットになる可能性もあります。

 

聞こえたくない音まで、聞こえてしまう、というのも考え物かもしれません。

 

まとめ

 

吹き抜けは過ごしにくいと良く聞きます。

特に冬場は寒いと言われています。

 

私も吹き抜けはデメリットの方が大きいように感じます。

 

それでも、私は吹き抜けを作ります。

 

吹き抜けは、機能性よりデザインを重視したものと思っていますので、デメリットはありますが、それよりも「吹き抜けのある家に住みたい!」という気持ちの方が大きいからです。

 

皆さんも、もし吹き抜けを作ろうと思っているのであれば、デメリットも良く考えた上で決めてください。

 

一生のうちの大きな買い物ですので、できるだけ後悔はしたくありませんからね、、、

 

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。