家中に光が差し込む間取りとは!?~中庭のある家~

家中に光が差し込む間取りとは!?~中庭のある家~

こんにちは、TAMAと申します。

 

中庭のある家というと、どんな家を思い浮かべますか?

 

私は、中庭のある家ってお金持ちの家って思っていました。

 

しかし、最近は中庭のある家を作る人も増えてきて、私たちの身近な存在になってきています。

 

今回は、そんな中庭についてのお話しです。

 

主な中庭の形

 

中庭の形の主流は、中庭の周りを建物で囲む「ロの字型」、1辺だけ開けておく「コの字型」この2つが主な中庭の種類になります。

 

他にも、L字型というのもあるようですが、一般的に中庭といえば、この2種類でしょう。

 

中庭を作ることのメリット

 

光を取り込みやすい

 

 

北側の部屋など、どうしても、光が入りにくい部屋が存在します。

 

しかし、中庭を作ることで、どの部屋にも光を取り込みやすくなります。

 

中庭を作る一番のメリットと言えるでしょう。

 

風通しの良さ

 

中庭を作ることで、壁の数も増え、窓の数も増えます。

 

窓の数が多いと、あらゆる風向きの風でも風を通しますので、天気の日に窓を開けて換気すれば、良い風が入ってきます。

 

自分だけのプライベートな庭

 

 

中庭というくらいですから、外側からは少し見えにくい、自分だけの庭にすることが可能です。

 

少し広めの中庭を作れば、くつろいだり、子供を遊ばせるスペースにも出来ます。

 

中庭のデメリット

 

断熱性が低くなりやすい

 

先ほど、メリットで書いた窓が多いという点が逆にデメリットになります。

 

窓が多いと、どうしても、断熱性は低くなりやすいです。

 

中庭を作る際には窓の性能にも気を付ける必要があるでしょう。

 

湿気が溜まりやすい

 

 

これは、特にロの字型の中庭に言えますが、雨が降ったりした時などの排水設備をしっかりしておかなければ、中庭に水溜まりが出来てしまうこともあります。

 

中庭には、木を植えたり、花壇を作ったりすることが多いと思いますので、虫などが入ってくる可能性もあります。

 

中庭を作るのであれば、排水や換気に詳しい会社に相談するのが良いでしょう。

 

生活動線が遠くなりやすい

 

コの字型の家など、端から端まで行くのに真っ直ぐ通れず、遠くなります。

 

間取りは生活動線をよく考えて設計する必要があります。

 

コストがかかる

 

昔より作りやすくなってきていますが、それでもコストは高くなりやすいです。

 

中庭があることで、居住スペースも少なくなったり、土地によっては、中庭自体作るのが難しい場合もあります。

 

まとめ

 

中庭があることで家の印象は大きく変わります。

 

中庭がある家が憧れだったという方もいると思います。

 

中庭のある家を作る際には、今回の記事で紹介した事に気を付けて見て下さい。

 

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。