階段が玄関にある家は家庭崩壊する!?~玄関と階段の位置関係~

階段が玄関にある家は家庭崩壊する!?~玄関と階段の位置関係~

こんにちは、TAMAと申します。

 

2階建ての場合、必ずどこかに階段を設置しなければいけません。

 

階段を置く場所によって、廊下が必要だったり、無駄なスペースが多くなることもあります。

 

そんな時、玄関入ってすぐに階段があれば、無駄なスペースが無く、スッキリした間取りになります。

 

…でも、ちょっと待って下さい。その間取り、実は危ない階段の位置なのです。

 

それは、なぜなのか?それでは、階段が玄関にあってはいけない理由を説明していきます。

 

なぜ、玄関に階段があってはいけないの?

 

1階と2階の違い

 

2階建ての場合、生活に主要なスペースを1階に集めてくる場合が多いです。

 

リビング、ダイニング、キッチン、お風呂場、トイレ、客間など、このあたりは、あまり2階に配置することは少ないです。

 

2階でも良いものは、寝室、子供部屋、書斎などでしょうか。

 

どうしても、1階に家族の共有スペースがあるため、個人のプライベートな部屋は間取りの関係上、2階に持ってくることが多いのです。

 

そうなると、1階は「共有スペース」2階は「プライベートスペース」となります。

 

家族が顔を合わせなくなる

 

 

もし、玄関に階段があると、プライベートスペースに玄関から直行出来ることになります。

 

そうなると、共有スペースである、リビングに家族が顔を合わせることも少なくなってしまいます。

 

家族は、一日に1度は顔を合わせて、お互いの様子を見たり、会話したりすることで絆を深めていきます。

 

もし、それが出来なくなると、引きこもりや、家族がバラバラに…ということにもなりかねません。

 

これが、玄関に階段を配置しない方が良いという理由です。

 

では、どうすれば良いのか?

 

玄関から階段までの間にリビングを配置する

 

こうすれば、2階へ上がる際に、共有スペースを通りますので、必ず家族が顔を合わせることになります。

 

生活の中心が、プライベートスペースでは無く、共有スペースになるような間取りになるように工夫しましょう。

 

特にオススメなのが、リビングに階段を配置するリビング階段です。

 

最近は階段も色々な種類のものがありますので、リビングに持ってきてもあまり場所を取らずに配置することが出来ます。

 

まとめ

 

 

家族構成や個人のこだわりなどによっても間取りは様々です。

 

私の個人的な意見としては、間取りを考える上で、この階段の位置は一番大切な部分だと思いました。

 

階段をリビングに配置し、さらに共有スペースを居心地の良いものにすることで、自然とそこに家族も集まりやすくなります。

 

家族みんなが集まりやすい家になるように、間取りを考える上での参考にしてみて下さい。

 

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。