無垢材と集成材どちらで建てた方が良いのか?~それぞれのメリットとデメリット~

無垢材と集成材どちらで建てた方が良いのか?~それぞれのメリットとデメリット~

こんにちは、TAMAと申します。

 

木造で家を建てる際に、使われる木材には、「無垢材」と「集成材」の2種類があります。

 

簡単に違いを言うと、無垢材が自然素材に対して、集成材は人工的に作られた木材という点です。

 

この2つの木材の違いについて今回はお話しします。

 

無垢材と集成材の違い

 

無垢材とは

 

無垢材は、切り出してきた木を乾燥させて作った、木そのものを使用した木材です。

 

柱や、梁、床などの目に見えるところに使われていることが多い素材です。

 

集成材とは

 

集成材は、小さく切り分けた木を乾燥させた後、接着剤で組み合わせた木材です。

 

また、一般的には無垢材より安く、多くのメーカーや、工務店にも使用されている素材です。

 

無垢材のメリット

 

自然素材というところ

 

 

何より、自然素材そのものを使用していますから、シックハウス症候群などの心配もありません。

 

木の温かみが感じられて好きという方もいらっしゃいます。

 

湿気に強い

 

 

無垢材は、湿気の多い日は水分を吸収し、乾燥している日は水分を放出して、湿度を一定に保ってくれます。

 

四季のある日本では、雨が降ったり、乾燥したりしますので、無垢材は日本の風土に合っていると言えるでしょう。

 

無垢材のデメリット

 

扱いが難しい

 

無垢材は自然素材ですので、扱いが難しいです。

 

強度などが素材によって違ったり、反りや割れも出やすいですので、完璧に扱うことの出来る人は少ないでしょう。

 

品質にばらつきがある

 

 

先ほど、言いましたように、扱いが難しいため、大工さんの腕によって品質が左右されてしまいます。

 

また、無垢材は良い素材のものをしっかりと乾燥させて使用することで、強度の強いものが出来るのですが、安価な無垢材などは、この乾燥がしっかり出来ていなかったり、品質の悪い木材であることが多いです。

 

メーカーがどういった木材を使用しているのか、私たちには判断が難しいですが、無垢材を使用しているのに、建築費が極端に安い場合などには注意する必要があるでしょう。

 

集成材のメリット

 

品質が安定している

 

集成材は、木を小さく切り分けて作っていますので、反りが少なく、強度も安定しています。

そのため、大工さんも扱い安く、品質が安定しやすいです。

 

大手のハウスメーカーや工務店などが、集成材を使用する大きな理由は、品質が安定していることで、クレーム等を防ぐことにあります。

 

強度についても集成材は、初期の強度が無垢材に比べ1.4倍ほど強いと言われています。

 

価格が安い

 

小さく切り分けて作るという点から、一本の木から作ることの出来る木材の量が無垢材に比べ多いです。

 

そのため、無垢材より安くなりますので、これもメリットと言えるでしょう。

 

集成材のデメリット

 

人工の木材であるということ

 

 

これが、集成材の最大のデメリットです。

 

集成材は接着剤を使用していますので、シックハウス症候群の心配があります。最近の集成材では、ほとんどそういったことはありませんが、それでも可能性は無いとは言えません。

 

また、強度について、初期の段階では無垢材の1.4倍ほど強いとお話ししましたが、10年経ったらどうでしょうか?さらに、20年、30年と経過した時、強度は、初期の段階と比べて変わりないのでしょうか?

 

集成材は、まだまだ歴史の浅い素材ですので、これからそういった問題が起こる可能性は0では無いのです。

 

まとめ

 

無垢材と、集成材、どちらもメリットとデメリットがあり、どちらが良いとハッキリは言えません。

 

ただ、どちらの特徴も理解した上で、自分が納得して選んでもらえればと思い、今回記事にしました。

 

これから見学に行った際などには、どういった木材を使用しているのか聞いてみて下さいね。

 

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。