実は良いところいっぱい!~規格住宅のススメ~

実は良いところいっぱい!~規格住宅のススメ~

こんにちは、TAMAと申します。

 

今回は、規格住宅についてお話しします。

 

規格住宅とは、ハウスメーカーなどが設計して、間取りなどが決まっている家のことです。

 

せっかくの家ですから、注文住宅で一から建てていきたいという方や、あまり規格住宅に良いイメージを持っていない人も多いとは思いますが、規格住宅は、メリットもたくさんあるんです。

 

それをいくつかご紹介します。

 

規格住宅のメリット

 

コストが安い

 

 

まず、規格住宅を建てる上で最大のメリットが、コストが抑えられることです。

 

規格住宅は、すでに設計されているものを選ぶ訳ですから、設計料や、間取りによるコストアップもありません。

また、使用する部材も標準のものを使うため、その分安く建てることが出来ます。

 

品質が安定しやすい

 

家の建て方なども決まっていますので、品質が安定しやすいです。

 

特に、大手のハウスメーカーなどは、規格住宅が充実しています。

 

大手ハウスメーカーは坪単価が高く、手が出せないというイメージがありますが、規格住宅であれば、比較的安価に建てる事が出来ます。

 

間取りも、考えられたものなので、「実際に住んだらイメージが違う!」「不便だ!」ということになりにくいです。

 

家が早く建てられる

 

 

規格住宅では、打ち合わせが少なく、簡単に済むことが多いです。

 

さらに、施工の仕方も標準化されているため、工期も短くなりやすいです。

 

規格住宅のデメリット

 

自由度が低い

 

全て決まった設計から選ぶので、好きなようにカスタマイズ出来ないことが、最大のデメリットです。

 

いくつかある間取りなどの中から選ぶことが出来ますが、一般的なものが多いため、物足りなく感じる人も多いでしょう。

 

自分の個性を出したいという方には向かないかもしれません。

 

土地によっては建てれない

 

土地をすでに持っている場合など、その土地に合わせて建てる必要があります。

 

注文住宅であれば、その土地に合わせて設計することも可能ですが、規格住宅では、土地のことは考えられていないため、土地によっては出来ない設計も存在します。

 

まとめ

 

規格住宅は、自分でカスタマイズ出来ないことが、デメリットではありますが、それ以外はメリットも多く、実はお得な物件なんです。

 

大手ハウスメーカーを見学した際などには、一度どんなものがあるか、見せてもらって下さい。

 

家の良さは、自分で決めたから良いというものではありません。

 

自分の生活に合ったものがあれば、それを選択するのも良い家の選び方です。

 

規格住宅について先入観を持たず、一度は見てみてくださいね。

 

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。