家づくりをサポートしてくれる良い営業の見分け方

家づくりをサポートしてくれる良い営業の見分け方

こんにちは、TAMAと申します

 

前回の記事でダメな営業の人の特徴について書きましたが↓

こんな営業は信用出来ない?〜危険な営業の人の特徴〜

 

今回は、逆に良い営業の人は、どんな人なのか?ということを書こうと思います

 

良い営業の人の特徴

 

メーカーの特徴をしっかり説明出来る

 

 

これは、当たり前かもしれませんが、自分の働いているメーカーの特徴がしっかり説明出来ることは、最低限必要だと思います。

 

私たちが、他のハウスメーカーで建てずに、ここで建てた方が良いという理由を説明してもらいましょう。

 

良い営業の人ほど、オススメするべきポイントなどがしっかり分かっているハズです。

 

契約を急かしてこない

 

 

「もう、こちらで決めてはどうでしょうか?」

など、契約を急かして来る人はあまり良いイメージではありません。

 

こちらとしては、色々なところを見て、ゆっくりと決めていきたいのに、早く、早くと急かされても決めることなど出来ません。

 

「他の工務店などを見てからにします」と言っても、聞き入れようとしない方もいます。

 

「ゆっくり考えていただいて、その後ウチで建てることもご検討よろしくお願いします」

ぐらいのスタンスの方が信頼できます。

 

自分の意見を言ってくれる

 

 

これは、設計士さんにも言えることですが、こちらの要望に対して、このメーカーではどんなことが出来るか等、様々な意見を言ってくれる方が良いです。

 

時には、こちらの意見の反対意見を言ってくれたり、真剣に家づくりについて考えてくれる人が良いです。

 

私たちは、家づくりの素人です。

 

こちらの意見に、「それはいいですね」「それは、ウチもよくやってますよ」などと賛同意見を言ってくれる人よりも、

 

「それも良いですが、こちらはどうでしょう?」「それは、出来ないことは無いですが、オススメは出来ません。なぜなら…」

 

などと反対意見を言ってくれたり、新しい提案をしてくれる人の方が、自分のために考えてくれているように感じます。

 

まとめ

 

営業は、家の契約を取ることが仕事です。

 

そのために、契約をとにかく取れれば良いというような人もいます。

 

過剰なアピールや、売り文句で、契約を取りに来る人よりも、自分の家のことについて、真剣に考えてくれる人を選びましょう。

 

メーカーの人は、敵ではありません、一緒に家づくりを考えてもらう味方です。

 

自分にとって最高のパートナーを見つけましょう。

 

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。