家づくりの計画は優先順位を決めておこう!

家づくりの計画は優先順位を決めておこう!

こんにちは、TAMAと申します。

 

あなたは家づくりの時、何に重点を置きますか?

耐震性、断熱性、間取りなど、家には色々な要素があります。

その中で、どの部分に重きを置くかが、家の個性になっていくのです。

 

家づくりの計画をしていると、あれもこれもしたくなっていきます。

しかし、自分のやりたいこと全てを実現するのは難しいのが現実です。

 

どれを採用してどれを諦めるか、選択を迫られた時に、すぐ選べるよう、

優先順位をつけておきましょう。

 

優先順位を決める時のポイント

 

普段からメモしておく

 

 

モデルハウスに行った時や、ネットで家のことについて調べている時など、自分が良いなあと思ったことはメモをしておきましょう。

 

人は、すぐ忘れるものですから、メモをしておかないと肝心な時に思い出せなくなってしまいます。

 

メモをしておけば、見返すだけで、自分のやりたいことが分かります。

 

実際に住む人全員で考える

 

 

一人で住む家を考えているのであれば、別に構いませんが、ほとんどの方は家族など複数で住む家を考えているはずです。

 

その場合、自分一人の意見だけでなく、同居する人全員で考えるようにしてください。

自分一人では思い浮かばなかったアイデアなどが出てくるはずです。

 

特に、優先順位は、人によって異なります。

 

夫は、自分の書斎や趣味のことなど、自己のスペースにこだわりを持ちがちですが、妻は、台所やリビングなど、家族と共有スペースに重きを置くことが多いと言われています。

 

自分だけで住む家で無いのであれば、必ず、住む人全員で相談して決めましょう。

 

設計士の人に相談する

 

 

家の設計を任せている人がすでにいるのであれば、その人に相談してみましょう。

 

今まで、何軒も設計してきた専門家としての意見は参考になると思います。

 

また、どうしても、構造的に諦めないといけない部分が出てくるかもしれませんので、その点についても相談してみましょう。

 

まとめ

 

ここまでの話をまとめますと、

  • 普段からメモをしておく
  • 実際に住む人全員で相談する
  • 設計士の人に相談してみる

家づくりの計画をしていると、やりたいことがたくさん出てきます。

 

設計士さんに相談する時に、やりたいことを言うだけでは、コンセプトが分からない、イマイチな設計になりやすいです。

 

優先順位を決めておくことで、設計士さんに、何が一番大切にしていることなのか伝わりやすくなります。

 

優先順位は良い設計をしてもらうためにも必要なことですので、必ず決めておきましょう。

 

ここまで、お読みいただきありがとうございました。