北米生まれの2×4(ツーバイフォー)工法ってどんな工法?

北米生まれの2×4(ツーバイフォー)工法ってどんな工法?

こんにちは、TAMAと申します。

 

今回は、ツーバイフォー工法について書きたいと思います。

 

その他の工法についてはこちら↓

あなたは、どれで建てますか?~メーカーによって異なる工法~

 

2×4(ツーバイフォー)工法の特徴

 

 

ツーバイフォー工法はアメリカで普及してきた工法です。

 

アメリカやカナダでは、木造住宅の8割以上はこの工法で建てられているというくらい一般的な工法です。

 

日本でこの工法を取り扱う業者は、木造軸組に比べて少ないですが、それでも最近多くなってきています。

 

2×4(ツーバイフォー)とは使用する木材の大きさで、2インチ×4インチの基本材を使用するため、ツーバイフォーと呼ばれます。

 

ツーバイフォー工法では柱はありません。この基本材で枠を作り、板を張り、パネルを作ります。

 

このパネルを柱の代わりにし、箱のように作られていることが、大きな特徴と言えます。

 

2×4(ツーバイフォー)工法のメリット

 

品質が安定しやすい。

 

木造軸組工法は、施工する業者の腕によって、品質が大きく左右されていました。

 

しかし、ツーバイフォー工法は、設計や施工が、マニュアル化されており、家の品質が安定しやすいです。

 

マニュアル化されていることで、比較的工期が短めなのも特徴です。

 

耐震面で優れている

 

 

一般的に、ツーバイフォーは地震に強いと言われています。

 

それは、パネルを使用した構造が、揺れに強いためです。

 

また、風にも強く、台風などにも強いとされています。

 

高気密、高断熱化しやすい

 

面で構成されているため、高気密、高断熱化しやすいです。

 

もちろん、木造軸組でもできますが、ツーバイフォー工法は構造的に強くしやすいです。

 

2×4(ツーバイフォー)工法のデメリット

 

家の構造に制限がある

 

ツーバイフォーは面で作る家のため、大きな窓を作ったりすることが出来ません。

 

その他、リビングを広く取ることが難しかったり、間取りにも制限があったり、自由度は木造軸組に大きく劣ります。

 

また、パネルを箱のように組み合わせて構成するため、構造上必要な壁が多く、後から増改築するのも苦手です。

 

和風の家には向かない

柱と梁が見える、純日本家屋にはツーバイフォーは向きません。

 

ツーバイフォーには、柱もありませんし、梁は細い2×4の木材しか見えません。

 

和風の家を建てようとしている方は、木造軸組工法など、他の工法で建てる方が無難です。

 

施工中の雨に弱い

 

 

施工中に雨が降ると、木材が濡れ、多少なりとも影響があると思います。

 

ツーバイフォーは上棟するまでに時間がかかりますので、雨は気になる所です。

 

ただ、今は工場でパネルを造り、それを一気に立ち上げる業者もあります。

 

それならば、施工の期間も短くなりますし、雨に濡れる危険性も少なくて済みます。

 

まとめ

 

ツーバイフォーが流行ってきたのは、最近のことです。

 

元々は、北米で普及してきた工法ですので、日本の家にはあまり向いていない工法かもしれません。

 

ただ、最近は、洋式の家を建てる方が多いので、あまり気にならないかと思います。

 

さらに、日本は、地震の多い国ですので、耐震性に優れるツーバイフォーで建てたいという人もいるでしょう。

 

最終的には自分が建てたい家に、合うかどうかですから、今回の記事を参考にしてみて下さい。

 

簡単に、メリットとデメリットをまとめますと、

 

ツーバイフォー工法のメリット

 

  • 品質が安定しやすい
  • 耐震性に優れる
  • 高気密、高断熱化しやすい

ツーバイフォー工法のデメリット

 

  • 家の構造に制限がある
  • 和風の家には向かない
  • 施工中の雨に弱い

 

↓この他の工法についても、記事を書いていますので、良かったらご覧になってくださいね。

日本で一番採用されている!~木造軸組工法のメリットとデメリット~