日本で一番採用されている!~木造軸組工法のメリットとデメリット~

日本で一番採用されている!~木造軸組工法のメリットとデメリット~

こんにちは、TAMAと申します。

 

前回の記事で、家を建てる工法の種類について紹介しましたが

 

前回記事↓

あなたは、どれで建てますか?~メーカーによって異なる工法~

 

今回はその中で紹介した、木造軸組工法について説明します。

 

木造軸組工法の特徴

 

 

木造軸組工法は、在来工法とも言われ、日本に昔からある工法です。

 

ほとんどの工務店などでは、この工法が用いられており、注文住宅を検討の方なら一度は目にする工法と思います。

 

柱と梁の骨組みを作り、筋交いといわれる斜めの材を入れることで、地震に耐える造りになっています。

 

木造軸組工法のメリット

 

家づくりの自由度が高い

 

木造軸組工法は窓などの大きな開口部をつくったり、屋根を好きな形にしたり、自分の希望の家を作りやすいです。

 

また、将来、増改築する場合にも比較的容易に出来ます。

 

この工法を採用している業者も多いので、業者の選択肢が多いのも魅力です。

 

和風の家に向いている

 

 

木造軸組では、真壁造りという、柱や梁の見える造り方をすることが出来ます。

 

もし、和室を作ったり、梁を見せる家を作る際には大きいメリットと言えます。

 

ツーバイフォー工法などでは、梁を見せても、細い木材が見えるだけですので、和風の家を作る際は木造軸組の方が向いているといえます。

 

もちろん、洋室を作ることも出来ますし、その点でも家づくりの自由度は高いです。

 

コストが安い

 

 

木造軸組は、坪単価が比較的安くなります。

 

ほとんどの工務店が採用しているので、いくつかの業者をまわって比較することが出来ますし、その点でもコストを安く抑えることが出来ます。

 

木造軸組工法のデメリット

 

品質にバラつきが出やすい

 

デメリットはこれに尽きるといっても良いでしょう。

 

木造軸組工法は、部材となる木材は、自然素材ですので、扱いが難しく、施工する業者の技術が必要になる工法です。

 

そのため、施工業者の腕の善し悪しや、使用する部材によっても、仕上がりが左右されます。

 

さきほど、コストが安く済むとメリットのところで書きましたが、あまりに安いと、品質が心配になります。

 

施工する業者は慎重に選びましょう。

 

耐震性能

 

揺れの大きさなど、構造的に揺れに強いツーバイフォーと比べると、大きく揺れますので、どうしても耐震性は低いという評価になると思います。

 

木造軸組の家は弱く、地震の時に倒壊していた家のほとんどは、この工法で建てられた家だと言われることがあります。

 

ですが、日本の家屋の多くはこの工法で建てられていますし、倒壊した家は昔に建てられていたものがほとんどです。

 

今の建築基準で建てられた家は、そう簡単に崩れることはないでしょう。

 

もっと言えば、品質の良い木材を使用して、腕の良い大工が、しっかり補強すべき所を補強することが出来れば、ツーバイフォーよりも強い家を作ることも可能だと思います。

 

デメリットのところで書いてはいますが、一概に木造軸組が地震に弱いとは言いづらいと思います。

 

ただ、これらの条件をクリアしているかどうか、私たちが判断することはかなり難しいので、ここでは、デメリットとさせていただきます。

 

 

まとめ

 

 

工法のメリット、デメリットをよく把握しておくことは、業者の人と話をする際にも役立ちます。

 

特に、今回紹介した木造軸組工法は、日本で最も多く採用されている工法ですので、覚えておいて損はありません。

 

簡単に、メリット、デメリットをまとめておきますね。

 

木造軸組工法のメリット

  • 家づくりの自由度が高い
  • 和風の家に向いている
  • コストが安い

 

木造軸組工法のデメリット

  • 品質にバラつきが出やすい
  • 耐震性能が若干低い

 

どの工法を選ぶのか、それは好みもありますが、自分が建てたい家のイメージに合うものを選ぶのが一番です。

 

住宅見学会や、色んな業者を見て、ゆっくり決めて下さい。

 

その他の工法についてはこちら↓

北米生まれの2×4(ツーバイフォー)工法ってどんな工法?