家の何を見ればいい?~住宅展示場の歩き方~

家の何を見ればいい?~住宅展示場の歩き方~

こんにちは、TAMAと申します。

前回の記事では住宅展示場へ初めて行く人への記事を書きました。

 

前回記事↓

まずは好きな家を見つけよう!~住宅展示場に初めて行く時のポイント~

 

そこで、色々な家を見てイメージを作るという話をしましたが、

今回は、じっくりと展示場を見てまわる時のポイントになります。

 

住宅展示場を歩く時のポイント

 

1日にまわる数は多くて3件

 

 

 

家を見て、営業の人の話を聞いて、実際にそのハウスメーカーがどんなところなのか判断するのには、意外と時間がかかります。

 

さらに、話を聞く件数が多いと情報を整理しきれず疲れてしまい、きちんと話を聞くことが出来なくなります。

 

1日でまわれる件数は3件が良いところでしょう。それ以上増やすと、結局そのハウスメーカーの特徴なども分からないまま無駄に時間を過ごすことになります。

 

もし、展示場へ行くのが2回目であれば、事前にその日、見に行くメーカーを決めておくと良いです。

 

今でしたら、ネットで調べればその展示場に、どのハウスメーカーが展示しているかも知ることが出来ますので、調べてから見に行っても良いでしょう。

 

最初に話を聞くのは工務店でなく大手ハウスメーカー

 

これは、私の実体験ですが、最初に工務店でなく、大手ハウスメーカーの所へ行くことをオススメします。

 

なぜなら、大手であると営業の対応が良かったり、家の造りも良い素材を使ったり、他の工務店や安価なハウスメーカーに行った時に比較が出来るようになります。

 

その分、モデルハウスはかなり高価なものになっていると思いますが、そこで建てるつもりがなくても良いので、話だけでも聞いてみましょう。

 

もちろん、例外もありますので、必ずしも大手ハウスメーカーの対応が良いと言うわけではありません。あくまで、オススメです。

 

モデルハウスのどこを見れば良い?

 

 

さあ、家に入ってどこを見れば良いのでしょうか?

 

大体の場合、営業の人が付いていたりすると思いますので、気になる所はどんどん聞いていきましょう。

 

一番見るべきポイントとしては、そこのハウスメーカー独自のものや、強みを見てくるのが良いと思います。

 

ハウスメーカーによって強みは変わってきます。

  • 断熱性が良い
  • コストパフォーマンスが良い
  • 地震に強い

など、何を売りにしているのかメモしておきましょう。

 

その中で、自分が大切にする家のイメージに合う所とさらに話をしていけば良いと思います。

 

まとめ

 

ここまでの話をまとめると、

  1. 展示場に着いたらまず、大手ハウスメーカーから話を聞きに行く
  2. 話を聞いたハウスメーカーの強みはメモしておく
  3. じっくりと話を聞いてくる(一日にまわれる数は多くて3つほどにしておく)

以上が私のオススメする展示場の歩き方です。

 

次回は展示場での営業の人との接し方のポイントを書こうと思っています。

 

次回記事↓

良い営業の人を見つけよう!営業の人との接し方のポイント